無職20代女の転職奮闘記

去年11月から無職になった20代女の日常です。就活奮闘中

無職、美容クリニックの面接を振り返る

突然ですが、美容クリニック受付の面接の質問の振り返りをしようと思います。

 というのも結構前に選考を受けた美容クリニックから結果が届き思い出したことと面接のフィードバックってしたことなかったなあと思ったからです。結果は不採用でした。たくさん思い当たる節があります。それも含めて美容クリニック受付の面接の質問をまとめてみました。

今のご時世Twitterで調べれば質問なんて一発で出てきますが参考までに。

 ~基本編~

・志望動機

この時点で私はガッチガチに緊張しており一言で終わらせてしまいました。就活する人間として終わっているような気がします。

この美容クリニックではキッズルームがあったり、乳房再建や他院修正の対応が可能という市内でも珍しい特色を持つクリニックでした。どうせ働くなら特色ある所で働きたい!と思い志望したのですが、それを伝えられず撃沈。ちゃんと言えてたら受かってたと思います。

・複数の作業を同時進行で進められるか

美容クリニックでは患者様の受付や電話応対、会計など1つの作業を同時に進めることが多いんだそうです。私は前職ではホテルでやれお客様の荷物運びだ電話応対だ予約業務だと同時進行でこなしていたのでそれは問題ないです、と答えました。

・自分自身の性格について

この美容クリニックでは、筆記テスト(中学卒業程度の国語、英語、数学)と自己分析の記述がありました。自分の性格の特徴を優位性のあるものから5つ、エピソードを交えて書いてくださいというものでした。

1つ例をあげると「探求心が強く調べものに熱心」でしたが(面接でふれられる機会がありました。)、「所作や料理の名前の由来など気になったことは自分で調べ積極的に知識として身につけました。その結果、お客様からのご質問にすぐに答えられるようになりましたし、その料理に関するちょっとした豆知識を会話の中で出すことで会話が弾みお客様から勉強になったし楽しかったよ!と言われたことがあります」と答えました。

・ホームページをみた感想は?

ホームページを見ることは結構ありましたがまあ見やすいサイトだなくらいにしか思っていなかったため、答えに詰まりました。「高級感があり機材や治療方法などがわかりやすく書かれている印象を受けました」みたいなことを言ったような気がします。

 

基本編はざっとこんな感じでした。あとは前職での感動エピソードだったり挫折経験、前職地は住みやすかったですか?などなど女性ならではで会話を広げてくださり色々お話ししました。

 

~応用編~

・美容に興味を持ったきっかけは何か

別に私、何も最初から美容に興味があったわけじゃなかったんです。なので事前に考えていた時相当悩んだんですが結論は「社会人になりコスプレに興味を持ち自分でもしてみたいと思ったことがきっかけで美容に興味を持ちました。体を動かすことや、化粧品、肌のケアなどを調べたり実践し、最終的に美容クリニックに興味が行きつきました」みたいな。そんな感じです。正直に言いました。

・自分の顔のパーツで好きなパーツと嫌いなパーツは?

美容クリニックならではだなあと思いました。

好きなパーツは穏やかな印象を与えることのできる目で、嫌いなパーツは化粧のしづらい盛り上がったほくろですと答えました。ぶっちゃけ自分の顔に嫌いなパーツがないんで悩みました。というか自分の顔にそこまで興味がない。

 

特殊な質問はこんな感じだったと思います。

 

最終的に不採用という結果になってしまった美容クリニックでしたが、面接を通してすこしだけクリニック受付の仕事内容に触れることができ私にとってはとても実りのある選考でした。

面接官が3名だったんですが、とても雰囲気の良い方たちでしたしスタッフも仲がよさそうだな~という印象を受けました。あと面接時は私(面接を受ける側)だけマスクを外しての面接でした。マスクケースもってけばよかったなと後悔しました。

あとびっくりしたのが選考の結果が郵送で来たこと!かわいらしい切手も貼ってありました。結果がメールで来ることが多かったので新鮮でしたし丁寧でしっかりした会社なんだなあと思いました。受かりたかったあ~~~~~~!!!!!

 

ま、もし私が患者として美容クリニックに行くとしたらここだな!って感じのクリニックでした。そんな出会いがあったこともこの選考で得たものなのかもしれません。

 

またどこかの美容クリニックを受けるときは参考にしようと思いました。

 

以上、長い反省会終わり!!!